Android/iOSエンジニア
People

PEOPLE

ティアンドデイで働く人

松本本社勤務

Android/iOSエンジニア

使いやすい製品のためのチャレンジ

PROFILE

趣味
読書。キャンプ。スノーボード。
大切にしていること
なんでも楽しんで取り組む事。
仕事で楽しいこと
自分のアイデアを形にできること。
仕事で難しいこと
本当に良いアプリとは何か?これは難しい問題。
#01

ティアンドデイに入社したきっかけは?

製品開発に一から携わりたい

前職では、ソフトウェア開発会社でスマートフォン向けのアプリケーション開発や、Linuxで動作するロガー、Webサーバのフロントエンドとバックエンドの開発をしていました。受託開発のため、基本的には決まった仕様を期限内に作成して納品する事が仕事でした。提示された仕様に対して、提案などはできるのですが、製品を一から考えるという事はできませんでした。
そんな時に、会社の求人を目にしました。実は以前、受託開発でお世話になったこともあり、会社の事も知っていました。面談をさせてもらい、100%自社開発であること、会社の課題を詳しく教えてくれたこと、自分のスキルが直ぐに活かせそうな事から入社を決意しました。

ティアンドデイに入社したきっかけの写真
#02

現在の業務内容や、印象的だったエピソードを教えてください。

使いやすいアプリケーションを突き詰めていく

主にスマートフォン向けのアプリケーションの設計、開発、リリースと保守作業をしています。重大な不具合があれば直ぐに修正してリリースしますが、普段は製品のリリースに合わせて日々開発を進めています。自分たちでアプリケーションを設計するので、自分の意見をダイレクトに反映させる事ができます。使う人の立場に立って、使いやすいアプリケーションについて考える事が難しくもあり、楽しい所です。
さらに、今の製品は単体で動作するわけではなく、クラウドにデータを送る事が当たり前になってきています。そのため、仕様を検討する時には、ハード、ソフト(アプリケーション)、クラウドの連携を考える必要があります。それぞれの立場から最善の仕様を考える事も難しくもやりがいがある所です。

印象的だったエピソードの写真
#03

ティアンドデイの好きなところは?

色々な人と係わりあいながら、製品を形にしていく

会社の文化として、できる人がどんどん仕事を進める文化です。上司から細かく進捗を聞かれる事もなく、個人の裁量で仕事を進めていきます。そのため、自分でしっかりと管理していないと仕事を前に進める事ができません。スケジュールが明確に決まっているわけでないので、製品開発が遅れがちになったり、後半に来て仕様が変更される事もあります。自分の仕事だけでなく、周りも見て仕事を進めていく事が大切になります。 松本の事業所は広いフロアに事業所の全社員がいるので、少し歩けば他の部署の人と話ができます。部署の垣根を超えて話し合いや提案ができるのは良い文化だと思います。

ティアンドデイの好きなところの写真

NEXT INTERVIEW

松本本社勤務

デザイナー

VIEW MORE